給料も上がらず銀行に預けていても低金利。
少しでも手持ちのお金を増やそうと思い株を始めようにも始め方がわからない株初心者の方にも、順を追って手続きをしていけば簡単に株式投資を始められます。

まずは証券会社で株式取引を行う口座を開かなければなりません。
現在はネット専業の証券会社も多く、全ての口座開設手続きをネットで行うことが可能です。
口座開設と言ってもどの証券会社にすればいいのか悩むところですが、このタイミングで株取引入門書のような本を購入し、そこに載っている何社かの証券会社から比較検討して、ご自身に合った証券会社を選ぶという方法が良いです。
入門書の購入は株式投資における専門用語の勉強にもなりますし、株初心者の方には購入する事をおすすめします。

口座開設先が決まれば申請手続きです。
ここでは運転免許証や健康保険証といった身分証明書はもちろんの事、マイナンバーカード(無ければマイナンバー通知書)の提出が求められます。
これは株取引で利益を得た場合に支払う必要がある税金に絡んできますので、提出は必須です。
もしマイナンバーが分からない場合は事前に入手しておく必要があります。

NISA(ニーサ)という言葉は耳にした事があると思いますが、株初心者におすすめなのがNISAです。
NISAは年間120万円分の投資に対して得た利益にかかる税金が非課税になる口座です。
これはかなりお得なので開設をおすすめしますが、開設には住民票の提出義務がありますので住民票を準備しておく必要があります。
身分証明証、マイナンバーカード、住民票を揃えて開設申請をすれば開設作業は終了ですが、NISA口座には審査が必要になりますので審査完了までNISAでの取引は出来ません。
思った以上に時間はかかります。長ければ一か月かかることもありますので、気持ちに余裕をもって開設に挑んでください。
口座が開設できれば、証券口座に余剰資金を入金して株取引スタートです。

株主優待目的に株を始めるなら利益を求めすぎないで

証券口座も開設し取引の始め方もある程度勉強し、いざ取引開始ですが、銘柄がたくさんあり過ぎてどんな銘柄を買えば良いのか分からないと思います。
まずは自分の取引のスタイルを決めてみるとスムーズに銘柄が決められます。

デイトレードやスキャルピングといった専門用語を入門書等で目にした事があると思いますが、短期的に売買して差益を得る方法は株初心者には向きません。
日々株価を注視する必要がありますし、テクニックも必要になります。株初心者におすすめなのは「株主優待目的で株を買う」スタイルです。
株主優待の内容は企業によって様々です。
株を購入する際に優待制度の有無は確認出来ますので、優待制度がありご自身の生活に合った優待制度を提供している株を買えば良いでしょう。
飲食系の企業ならば系列店で使用できる金券、食品飲料メーカーならばその企業の製品詰め合わせ、クオカードや図書カードを優待商品にしている企業も多いです。

ほとんどの企業が権利確定日に株主であった場合に年に1回から2回優待を実施しています。
その優待を目的にすると買う銘柄が決めやすいし、権利確定日に保有していなければならないので、短期的な売買をする必要がなく、初心者にも始めやすいスタイルです。
ここで注意すべきは、利益を求めすぎない事です。
株売買を始めると売買の差益で利益を出すことを主な目的としている場合が多いです。株式に関する本の多くもその様な内容です。
しかし、初心者が売買の差益で利益を得ることは難しいので、まずは株主優待でお得感を得ながら、結果的に売買で利益が出ていたというくらいが無理もなく良いと思われます。
もちろんその場合も生活していく上で今すぐ必要ではない余剰資金で購入する事が絶対条件です。